2008年12月に20社の出版社で設立した「平和の棚の会」のブログ!


by heiwanotana

<   2009年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

12/3に、「平和の棚の会」創立1周年記念 連続トークセッション⑥(最終回)『拉致-左右の垣根を超える対話-』<蓮池透×松竹伸幸>が開催されました。

当日は雨のなかたくさんのお客様にご来場いただきました。
深く御礼を申し上げます。

今年5月に刊行された蓮池透『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)は、大きな反響の中ですでに7刷となっている。
書店の棚に並ぶ「北朝鮮本」と言えば、北朝鮮への憎しみをかき立て、制裁と体制打倒を叫ぶものばかりだった。蓮池氏は、制裁路線の見直しを呼びかけた。
拉致問題の運動の目的は、北朝鮮を打倒することではなく、被害者を救出することにあるのだとして、現在の運動のありように根源的な批判を加えている。
その主張が共感を呼び、この間、鈴木邦男氏(民族派団体・元一水会代表)、池田香代子氏(ドイツ文学翻訳者)、森達也氏(映画監督)などと対談を行ってきた。まさに対話が左右の垣根を超えて広がったのである。
そこから導き出されるものは何か、拉致問題の運動は変わっていくのか、民主党政権ではどうなっていくのか。著者の蓮池氏と、本の企画・編集を担当した松竹が、徹底的に討論する。

【講師紹介】
蓮池 透(はすいけ・とおる)
1955年、新潟県柏崎市生まれ。東京理科大学電気工学科卒業。東京電力(株)に入社し、原子燃料サイクル部部長などを歴任し、2009年夏に退社。 1997年より2005年まで、「北朝鮮による拉致被害者家族連絡会」の事務局長、その後、短期間、副代表をつとめた。著書に『奪還 引き裂かれた24 年』(新潮社、2003年)、『奪還 第二章 終わらざる闘い』(新潮社、2005年)、『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版、2009 年)。近く『拉致2 左右の垣根を超えた対話』(仮題、かもがわ出版)を刊行予定。

松竹 伸幸(まつたけ・のぶゆき)
1955年生まれ。日本平和学会会員。在野で日本外交論を研究し、『平和のために人権を』(文理閣、2008年)、『靖国問題と日本のアジア外交』(2006年、大月書店)、『「集団的自衛権」批判』(新日本出版社、2001年)などを著す。2006年にかもがわ出版に入社し、東京オフィス所長に。『超左翼マガジン ロスジェネ』の創刊に携わるとともに、『我、自衛隊を愛す 故に、憲法9条を守る』、『理論劇画 マルクス資本論』などを企画・編集。『レーニン最後の模索 社会主義と市場経済』(09年5月、大月書店)など自著も刊行。

昨年に続き、今年も長期間にわたるブックフェア&トークセッションを開催していただいた真の立役者、人文書担当の澤樹さん。本当にお世話になりました。
a0122371_15114312.jpg


『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』(かもがわ出版)の編集を担当された、かもがわ出版東京オフィス所長の松竹伸幸さん。家族会への取材の難しさ、蓮池透さんに辿り着いた経緯について話していただきました。
a0122371_1515349.jpg


今月『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』に続き、『第二弾となる『拉致2』を刊行される蓮池透さん。
家族会から距離をおくに至る過程とその理由、弟蓮池薫さんの帰国時の報道されなかった真実、なぜ家族会事務局長であった透さんが、対北朝鮮強硬派から、経済制裁では解決は難しく対話が必要という考えへと変心したのか、その理由など、多くを語っていただきました。
a0122371_15222038.jpg


冷たい雨の降るなか多くのお客様にご来場いただきました。
a0122371_15254186.jpg


会場から、具体的に今後どうやって北朝鮮と対話による拉致問題解決をしていくのかなど、質問が投げかけられました。
a0122371_15231212.jpg

[PR]
by heiwanotana | 2009-11-24 16:05 | トークセッション
「平和の棚の会ブックフェア」を開催していただいた早稲田大学コーププラザ店の書店員の永田さんから、ブックフェアの感想、そして常にお客様と接する現場の書店にとってブックフェアを開催するということには、どういう意味があるのか、版元から提案されるブックフェアのメリットとは何かなど、多くの感想を寄せていただきました。

以下永田さんから送っていただいたブックフェアの感想です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フェアを開催する目的は、単純に売上を上げるためではないと考えています。
本は、状況や視点によって常に変化してゆくものだと思いますので、新たな状況に対して新たな視点を持ったフェアは、書店の本来の姿――常に変化する姿をつくりだす大切な方法の一つだと思います。

とはいえ、書店員が選書するフェアを続けるのは、多忙を極める現在の書店の状況を考慮するとかなりむずかしい。選書できたとしても、各版元に了解をとる作業など、とても手間がかかるものです。ですから何社かの版元さんが協力して進めていただけるフェアは、書店員にとってはとても助かるものです。ただ常に注意したいのは、あくまでもフェアは個別の店舗のユニークさに共鳴するものであるべき、ということです。これは、それぞれの店舗が満足するようなオプションを版元は用意しろ、という馬鹿げた要求ではありません。それは版元の担当者と書店員が協働すること、少なくともそれを試すことだと思います。

今回のフェアは、信頼する担当者とだから進んだ話です。私はこのようなことを最も重要に感じます。ただ、まだフォーマットに従ったままです。次はもっと互いに侵犯できればいいと思いますし、そのようなユニークをつくりだす協働を歓迎するために、その時々に版元さんが団体を形成することがあれば、私はうれしいです。

早稲田大学生協ブックセンター 永田淳
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
永田さん、本当にありがとうございました!!

今後のブックフェア開催の参考にさせていただきたいと思います。
[PR]
by heiwanotana | 2009-11-20 18:53 | 現場の書店員からの感想
11/13に、「平和の棚の会」創立1周年記念連続トークセッション➄『「派遣村」のその後と個人の尊厳』 -「貧困」という問題を突破するための実践と思想とは!-が開催されました!!
お越しいただいたお客様に深く御礼を申し上げます。
小川朋さんと小森陽一さんのお二人に、「派遣切り」「非正規切り」など現在の日本の格差と貧困、そして派遣村と湯浅誠について、など語っていただきました。

「派遣切り」「非正規切り」――人々がこうした言葉を口にするようになって1年近くがすぎようとしています。年末年始、ニュースの話題をさらい、「貧困を可視化した」といわれた「派遣村」について、今、マスメディアはまったく報じなくなりました。では、非正規切りはなくなったのでしょうか。あるいは「切られた」人々は、就職先を見つけ、生活を再建できたのでしょうか。
最悪を更新した失業率、先の見えない不況、そんな中で、誰もが、問題が解決したなどとは思っていないでしょう。しかし、出口の見えない問題はできればふれずにいたいと、あえて目を閉ざしている人もいるでしょう。
『派遣村、その後』(新日本出版社)は、「年越し派遣村」に集った村民は何を思い、どうなったのかを追いつつ、その後も全国各地で無数の「派遣村」がとりくまれたこと、同時に、「非正規切り」に抗して、現行制度のもとでも直接雇用を求めてたたかい、貴重な成果を得た人々がいることを明らかにし、これからの日本の雇用がどうあるべきかを問いかけた本です。その編著者である小川朋氏が、取材のなかで見聞きし考えたことを、現下の貧困問題について原理的な問題を発信し続ける「九条の会」事務局長・小森陽一氏と語り合います。これからの日本社会を成り立たせていくために、どのような思想と行動が求められているのか――多くの皆さんと考えあいたいと思います。

【講師紹介】
小川 朋(おがわ とも)
1979年岡山県生まれ。早稲田大学政経学部卒業。ライター・編集者。
著書『派遣村、その後』(新日本出版社)

小森 陽一(こもり よういち)
1953年東京都生まれ。北海道大学文学部卒業、同大学院文学研究科博士修士課程修了。現在、東京大学院総合文化研究所教授。専攻は、日本近代文学。主な著書に『文体としての物語』(筑摩書房、1988年)『漱石を読みなおす』 (ちくま新書、1995年)『出来事としての読むこと』(東京大学出版会、1996年)『最新宮沢賢治講義』(朝日選書、1996年)『小森陽一ニホン語に出会う』(大修館書店、2000年)『天皇の玉音放送』(五月書房、2003年)『理不尽社会に言葉の力を』(新日本出版社、2007年)『生きさせる思想』(共著、同前、2008年)など。

『派遣村、その後』(新日本出版社) を執筆した若き女性ルポライター小川朋さんと、「九条の会」事務局長・小森陽一さんとのトークセッション
a0122371_19553044.jpg


取材のなかで見聞きした、リアルな貧困問題、路上生活者の現実、家族から分断されている人々、他人に頼りたくても、それができない現実、自己責任などについて語る小川朋さん
a0122371_19553811.jpg


低い声で、分かりやすく、時に冗談を交えながら、団塊の世代が残した問題、憲法をちゃんと教えてこなかったことなど、教育について語り、小川さんにするどい質問や疑問点を投げかける小森陽一さん
a0122371_1955453.jpg


会場から、日本人の本質論、JALの問題についてなどの質問が投げかけられました
a0122371_19555433.jpg

[PR]
by heiwanotana | 2009-11-11 10:47 | トークセッション
11月6日(金)、ブックフェアと連動しての全6回連続トークセッション第4回目『自衛隊という密室-自衛隊員の死因第1位は自殺!今、現場で何が……?』が開催されました!!
お越しいただいたお客様に深く御礼を申し上げます。

三宅勝久さんと斎藤貴男さんのお二人に、自衛隊員の異常に高い自殺率、そして9年連続年間3万人以上の自殺者がいる日本社会、いったい何か原因なのか、その背景は、今後の対策は?など語っていただきました。

「平和を、仕事にする。」自衛官募集の宣伝ポスターに見かける言葉です。
その理想とは裏腹に、現場では人権を無視した残酷ないじめや暴力事件が蔓延しています。著者が自衛隊の取材を始めたのは5年前、サラ金問題の取材がきっかけでした。ストレスからギャンブル、酒、女遊びにはまって多重債務に苦しむ自衛官があまりに多かったからです。
深刻なのは自衛官の自殺です。著者の調べでは――2004年度が100人、05年度101人、06年度101人と、3年続けて過去最悪を記録した。隊員 10万人あたりの自殺者数は38・6人(06年度)。一般職国家公務員の平均値である17・1人(同年度)の2倍以上です。
自衛隊が抱える問題は日本社会の縮図ではないのか?――最新刊『強いられる死 自殺者三万人超の実相』を出版した斎藤貴男さんと語りあいます。

【講師紹介】
三宅 勝久(みやけ・かつひさ)
1965年岡山県生まれ。ジャーナリスト。
元『山陽新聞』記者。「債権回収屋"G"―野放しのヤミ金融」で第12回『週刊金曜日』ルポルタージュ大賞優秀賞。著書:『悩める自衛官――自殺者急増の内幕』(2004年、花伝社)、『武富士追及――言論弾圧裁判1000日の闘い』(2005年、リム出版新社)、『自衛隊員が死んでいく――自殺"事故" 多発地帯からの報告』(2008年、花伝社)など。

斎藤 貴男(さいとう・たかお)
1958年東京生まれ。ジャーナリスト。
著書:『カルト資本主義』『機会不平等』(以上、文春文庫)、『安心のファシズム』『ルポ改憲潮流』(以上、岩波新書)、『平和と平等をあきらめない』(共著、晶文社)、『憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本』(共著、日本評論社)、『「心」が支配される日』(筑摩書房)、『カナリアが沈黙するまえに』(同時代社)、『強いられる死自殺者三万人超の実相』(角川学芸出版)ほか多数。

今回も、とても重いテーマながら、ほぼ満席の会場。
a0122371_10351083.jpg


三宅勝久氏。
モザンビークで活動した自衛隊への取材など、多くの自衛隊員の生の声を聞き、自殺の原因はなにか、何が自衛隊員をそのような現実に追い込んでいるのかを語っていただきました。
a0122371_10393441.jpg


斎藤貴男氏。
9年前から急に増えた日本人の自殺者数について、その背景、格差社会との関連など語っていただきました。
自殺者の遺族に対する取材は本当に精神的にきつく、やればやるほどボロボロになるようなそんな仕事だったと語っておられました。
a0122371_1046252.jpg


最後に会場のお客様から質問。
自殺者を減らすにはどうしたらいいのか、先進国では常にトップクラスの日本と韓国の自殺者数、その理由は? 他の国の軍隊内での自殺は増えているのか? つい最近起こったイラクに派兵される予定だったメンタルヘルスをする立場の軍医がおこした銃乱射事件についてはどう思うかなど、多くの質問がされました。
a0122371_1182823.jpg


a0122371_11182945.jpg

[PR]
by heiwanotana | 2009-11-09 11:02 | トークセッション