2008年12月に20社の出版社で設立した「平和の棚の会」のブログ!


by heiwanotana
神戸にある個性派の本屋さん、海文堂書店のフェア棚風景です(撮影者:現代人文社 保月)。平野さんには長期間にわたり「平和の棚の会ブックフェア」を続けていただき、今現在もほぼ常設棚という状態で続けていただいております。本当に心から感謝申し上げます。

a0122371_1656722.jpg


a0122371_16562130.jpg


a0122371_16563129.jpg


a0122371_16564457.jpg

[PR]
# by heiwanotana | 2010-08-11 16:57 | ブックフェア
紀伊國屋書店札幌本店の伊藤さんからフェア展開の様子を写した画像が送られてきました。
伊藤さん本当にありがとうございます。今後ともブックフェアをぜひよろしくお願いします。

北は札幌、南は那覇までひろがった「平和の棚の会・ブックフェア」。
この大不況下、この会を構成するような中小零細版元のブックフェアの提案にこたえていただいた書店員のみなさまに深く感謝申し上げます。

a0122371_1421416.jpg


a0122371_14212490.jpg


a0122371_14213458.jpg

[PR]
# by heiwanotana | 2010-08-11 14:21 | ブックフェア
東京・池袋にある超大型書店のジュンク堂書店池袋店人文書担当、後藤さんの多大なご支援とご協力により、4F人文書フロア内にある巨大フェア棚にて「平和の棚の会ブックフェア」を7/16より開催中です(フェア期間は約1ヶ月、8月中旬頃まで)!!

加えて、ジュンク堂書店様の特別のはからいで下記URLにブックフェアの特設サイトを作っていただきました。ジュンク堂書店さんの注文サイトにもリンクされていますので、遠方の方などで店舗には行けないがブックフェアに興味があるというような方は、ぜひこの特設サイトから本のご注文をよろしくお願いいたします。
http://www.junkudo.co.jp/heiwa2010.html

ジュンク堂書店池袋店は、日々本を買い求める人々で溢れています。中には買い物籠いっぱいに数十冊の本を入れてレジに向かう人もめずらしくなく、昨今よくいわれる「本が売れない時代」ということが全くの出鱈目ではないかと思うぐらいです。

そんな本のデパート、百貨店、劇場であるジュンク堂書店池袋店にて「平和の棚の会」のブックフェアを開催させていただけたことは、会にとっても大きな宣伝となり、ブックフェア開催を今度さらに全国各地の書店にひろげていくための大きな力になることでしょう。
「平和の棚の会」を構成する出版社は社員2人から多くても10人程度の小零細版元ばかりですが、このような一等地の巨大フェア台にてブックフェアを開催させていただいた担当の後藤さん、ならびにスタッフの方々に深く御礼申し上げます。

a0122371_1263290.jpg

入り口のそばのショーウィンドーに飾られた「平和の棚の会」の告知看板。


a0122371_1271781.jpg

巨大なフェア台。隅から隅まで「平和の棚の会」会員社の本でうめつくされております。


a0122371_1281511.jpg

凱風社の新田氏作成の「平和の定義」について解説された看板。


a0122371_1294647.jpg

こちらも新田氏作成の平和の棚の会の看板。いつも書店のみなさんに好評です。


a0122371_12103226.jpg

5つのカテゴリ(ジャンル)に分けられて並べられた本(画像は「歴史認識を問う本」)。


a0122371_12122954.jpg

こちらは「エコロジカルな生き方を提案する本」。


a0122371_12153248.jpg

フェア棚全景。
ぜひみなさまも実際に足を運んで棚をご覧になっていただき、ついでに気になった本も購入していただけたら幸いです。

酷暑の夏は、自宅で読書!!
今年の夏も「平和の棚の会」をよろしくお願いいたします。

【文責 彩流社 春日俊一】
[PR]
# by heiwanotana | 2010-07-23 12:18 | ブックフェア
【2010年7月改訂版】平和の棚の会出品全点リスト
※全体を下記の5つのカテゴリに分けております。
「歴史認識を問う本」、「武力衝突と平和を考える本」、「人間の尊厳を冒すものへの批判の本」、「差別と格差に対抗する本」、「エコロジカルな生き方を提案する本」

◆下記のサイトより全点リストを閲覧できます。
【2010年7月改訂版】平和の棚の会出品全点リスト
[PR]
# by heiwanotana | 2010-07-05 11:43 | 出品書籍全点リスト
さいたま市の超大型書店、BookDepot書楽の奥村さんのご尽力で開催中の「平和の棚の会ブックフェア」の紹介記事が、埼玉新聞(6.21付)にて大きく紹介されました!!

「~平和テーマにブックフェア~さいたま市の書楽で出版16社が共同開催
ブックフェアを担当する書楽の奥村友彦さん(26)は「通常は各棚に分けられてしまう平和関係の本を一つくくりとして見ていただこうと企画しました。本を買っていただくためには、版元さんと協力してPRし出版社の名を知ってもらうようにしていきたい」と話していた。」(埼玉新聞6.21付より抜粋)

Book Depot 書楽
埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-5 アルーサB館
JR北与野駅より徒歩1分
Tell:048-859-4946
[PR]
# by heiwanotana | 2010-06-28 11:20 | 新聞・雑誌記事
6/19・20とお茶の水女子大にて開催された「日本平和学会【2010年度春季研究大会】」にて会員社による出張販売をおこないました。

a0122371_111449.jpg


a0122371_1121324.jpg

午前中はほとんど人が来ず…閑古鳥が鳴いていましたが…

a0122371_1122385.jpg


a0122371_112345.jpg

約1000冊の平和の棚の会会員社の本が並ぶ姿は圧巻

a0122371_1124455.jpg

ぞろぞろと人が集まり始め…

a0122371_1125384.jpg

少しずつ売れ始め…

a0122371_113516.jpg

それなりに盛況な時間もあり、複数冊買われる方もいました。

来場者がそれほど多い学会ではないので、多額の売上がみこめるわけではないのですが、それなりにお客様からの反応はあったと思うので、次回もまた出張販売をしてみたいと思います。
[PR]
# by heiwanotana | 2010-06-23 17:36 | 平和学会
6/12に北与野のブックデポ書楽にて、講師にイ・ヨンチェ(李泳采)氏をお迎えした《平和の棚の会ブックフェア開催記念トークイベント》 『韓流(映画・ドラマ)がつたえる現代韓国』が無事、大盛況のうちに終了しました!!
会場にお越しくださったお客様、2時間以上にわたる長時間の講演をしていただいたイ・ヨンチェ(李泳采)先生、本当にありがとうございました。心より感謝申し上げます。
これを機会にぜひ「平和の棚の会」ブックフェアの棚も覗いていただき、できれば本もご購入いただけたらと思います。

a0122371_20364387.jpg

会場前の看板


a0122371_20365773.jpg

土曜日の昼間にもかかわらず、多くのお客様にご来場いただきました。


a0122371_20371074.jpg

李泳采さんの著作『韓流がつたえる現代韓国』(梨の木舎)、共著『「なるほど!これが韓国か』(朝日新聞社)、そして平和の棚の会の会員各社の韓国関連の本など多数販売。講演終了後かなり売れました。


a0122371_20372318.jpg

講師のイ・ヨンチェ(李泳采)氏。ヨン様は時折冗談も交えつつ、『JSA』、『ブラザー・フッド』、『シルミド』など、日本でも大ヒットした最近の韓国映画の背景にある韓国現代史について、とてもわかりやすく講演していただきました。韓国現代史を知ったうえで、これらの韓国映画を観れば、より深く日本の隣国、韓国について知ることができそうです。


a0122371_20373669.jpg

a0122371_20374723.jpg

映像や画像を交えて説明。


a0122371_20375989.jpg

ブックデポ書楽の人文書担当の奥村さん。ブックフェアと、このトークライブ開催に尽力していただきました。
埼玉にここまで品揃えの充実した書店はめったにありません!!
奥村さんには、広い(広過ぎる)フロアで日々大量の本と向き合う、本当に忙しいなか、中小零細版元中心のブックフェアに共鳴していただきました。本当にありがとうございます。
ぜひ埼玉みなさまだけでなく、群馬や栃木、埼玉アリーナやジョンレノン・ミュージアムに行かれる全国の方々、大宮から東北に帰る方もぜひブックデポ書楽へ行ってみてください!!
よろしくお願いします。
[PR]
# by heiwanotana | 2010-06-15 20:26 | トークセッション
《平和の棚の会ブックフェア開催記念トークイベント》
『韓流(映画・ドラマ)がつたえる現代韓国』
~韓流ドラマ・映画を入口に、韓国をもっと深~く知りたいあなたへ!~

「韓流ドラマや映画は、歴史に翻弄された人間の生身の姿を描きながら現代史をつたえ、多くの日本人に新鮮なインパクトを与えました。韓国ドラマの中にはその時代の社会像とその時代を生きた個人の価値観や人間像がリアルに描かれているからです。韓国現代史を理解するために必要なキーワード―植民地、分断、反共、民主化、そして格差―を織り交ぜながら、体験者である民主化世代の著者が、映像を交えて語ります。ご参加をお待ちしております。

講師:イ・ヨンチェ(李泳采)
略歴:1971年、韓国全羅南道生まれ。恵泉女学園大学教員。98年来日、慶応義塾大学大学院法学研究科単位取得卒業。専門は日韓・日朝関係。日韓の市民団体の交流のコーディネーター、韓国語、韓国映画や映像を通して現代を語る市民講座の講師を務める。
著書:『韓流がつたえる現代韓国-「初恋」からノ・ムヒョンまで』(梨の木舎)、共著『「なるほど!これが韓国か―名言・流行語・造語で知る現代史』(朝日新聞社)など

日時:6月12日(土曜)13:30~(開場13:15)
場所:Book Depot 書楽 3Fギャラリー
埼玉県さいたま市中央区上落合2-3-5 アルーサB館
主催:平和の棚の会
協賛:アジアの本の会
申込予約先:048-859-4946(Book Depot 書楽)
※入場無料です。3Fサービスカウンターにて予約申込を受け付けております。
[PR]
# by heiwanotana | 2010-05-18 20:00 | トークセッション
埼玉県の北与野にある大型書店、ブックデポ書楽の人文書担当、奥村さんの多大なご支援とご協力により、3F人文書フロア内にて「平和の棚の会ブックフェア」を5/10より開催させていただくこととなりました。

平和学会会長が選んだ本、そして普段あまり平台やフェア棚で目にすることがないような書籍が多数陳列!!
埼玉の書店で、この規模の平和の棚の会ブックフェアは初!!

今年度は、平和の棚の会の新テーマを“共に生きる平和”とさだめ、最近出た新刊も含み、昨年とはまた違った品揃えで、お客様に訴えかけるブックフェアとなっております。
ぜひ多数のお客様のご来店をよろしくお願い申し上げます。

a0122371_2051692.jpg

新テーマ“共に生きる平和”


a0122371_2053899.jpg

歴代平和学会会長が選んだ本


a0122371_2055671.jpg

輝く棚風景!

a0122371_20862.jpg

1Fの特設台でも紹介していただいております(奥村様本当にありがとうございます!!)

a0122371_2061181.jpg

棚詰め作業にお邪魔した平和の棚の会の面々。
来店中のお客様から怪しい団体をみるような眼差しを投げかけられていたようです…。
[PR]
# by heiwanotana | 2010-05-13 20:14 | ブックフェア
三省堂書店神保町本店の歴史担当、倉田さんのご協力により、4F人文書フロア内フェア棚にて「平和の棚の会ブックフェア」を開催中!!

普段あまり平台やフェア棚で目にすることがないような書籍が多数陳列!!

ご担当の倉田さんには、お忙しいなか時間をとって平和の棚の会との選書会議をさせていただきまして、今回のフェアの選書は神保町の客層にあった書籍を陳列させていただいております。
そのお陰もあってか、フェア開催10日目にして、硬く重いテーマの人文・社会書が多数売れていっているようです。

実際にフェア棚を見ていただきたいと思いますので、三省堂書店神保町本店にぜひ足を運んでいただければ幸いです。

a0122371_20115025.jpg


a0122371_2012558.jpg


a0122371_20161725.jpg


◆開催書店所在地
三省堂書店神保町本店 4F人文書フロア(担当・倉田様)
〒101-0051 東京都千代田区
千代田区神田神保町1-1
03-3233-3312
[PR]
# by heiwanotana | 2010-03-10 20:16 | ブックフェア